メニュー

プラセンタ注射

※更年期障害に対する治療の方は保険診療、それ以外の方は自費診療となります。

プラセンタとは、胎児の成長に必須な役目を果たす「胎盤」のことです。へその緒を通じて豊富な栄養素を胎児に送り届けています。胎盤には、細胞の再生に関わる物質やホルモン調節機能など大人の体にとっても望ましい成分が多数備わっていることがわかっています。このような胎盤の機能をいかして、日本では 60年以上前から肝機能異常(肝臓の細胞再生)や更年期障害(ホルモン調節)の治療に使用されてきています。

そして近年では、胎盤に含まれる物質が、肝臓以外の臓器の再生や女性ホルモン以外の体の中のさまざまなホルモン調節にも良い影響を与えるということも明らかになってきました。そこで、疲労回復・アレルギー症状の改善・美肌・アンチエイジングを目的とした使用方法も一般的になっています(こちらは自費診療となります)。

市販のプラセンタサプリメントは、一般的にヒト以外の動物の胎盤から採取したエキスを使用しています。一方当院では医療用医薬品として厚生労働省から認可された、ヒト由来のプラセンタエキスを注射薬にした薬品を更年期障害の様々な症状を抱えている方に使用しています。

更年期障害は、閉経前後5年間の更年期(およそ45歳~55歳)の方が、不安定な女性ホルモン分泌によって、ほてり・イライラ・動悸・肩こり・頭痛を初めとして非常に多くの症状を伴います。

出典:あすか製薬株式会社

しかし、これらの症状はその他の内臓疾患で見られることもあるため、確定的な診断までに長期間に渡って症状で困る方が少なくありません。

当院では、詳細な問診・身体診察から、いち早く更年期障害の可能性を考慮し、早期に症状改善のための治療を開始します。女性ホルモン分泌量の低下は、更年期障害の症状以外にも動脈硬化・脂質異常症・骨粗しょう症など、将来問題になる内臓の病気にも関わるため、できる限り早く治療を開始することが望ましいです。

更年期障害の治療にはホルモン療法、漢方薬、プラセンタ注射などがありますが、副作用の少なさや、他の臓器への良い影響も考慮して、当院では「メルスモン」という名称のプラセンタ注射を推奨しています。治療開始当初は週に2回、1回あたり1A(アンプル)を皮下へ注射します。

治療開始直後はわずかに眠気が出る方がいますが、治療を重ねるうちに徐々に軽減しますのでご安心ください。注射頻度についても、効果実感までに一般的に必要な1か月を経過しますと、皆さまそれぞれに合った頻度に調整することができます。

プラセンタ注射を行うにあたっての注意点として、厚生労働省の現時点での方針もあり、1度でもプラセンタ注射を投与したことがある方は、献血ができなくなります。その理由として、「プラセンタ注射薬が胎盤というヒト由来の臓器から精製されているため、特殊な感染症を広めてしまう危険性がある」からです。ただし、これまでに特殊な感染症の報告例はありませんので、過度にご心配はないと考えています。 (なお当院では、治療開始にあたり献血ができなくなることについての同意書の記載を頂いております)。

更年期にさしかかり、「何となく元気が出ない」・「すぐにイライラしてしまう」・「寝つきが悪い」といった症状を初めとして、日常生活に少しでも影響が出ている症状でお困りの方は、プラセンタ注射(メルスモン)で改善する可能性がありますので、一度ご相談ください。

また、自費診療であれば更年期の症状がなくても、美肌・アンチエイジングを目的としたプラセンタ注射(ラエンネック)投与を行うことができますので、ご希望の方はご相談ください。

※2023/2/24以降、メルスモン注射薬の出荷が一時的に中止になっています。メルスモン注射をご希望の方皆さまに安定した投与ができなくなる場合がありますので、ご希望の方はお早めにご相談ください。

実施内容 金額 備考欄
自費プラセンタ 1回 1600円(税込)  
自費プラセンタ 6回セット  9000円(税込)  

 

お電話でのご予約お問い合わせも受け付けております。

電話 03-5738-8660

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME